Columnコラム

LOANA Column

カラーをしてはいけない日2

こんにちは

LOANAスタイリストの飯塚です。

 

カラーをしてはいけない日2ということで

続きを書きます。

 

 

 

image

 

 

3ヘアカラーで女性は注意!

 

 

女性はとってもデリケートです。

生理中や妊娠中はホルモンバランスが崩れやすく皮膚も敏感

 

生理中や寝不足がたまっているときほど肌荒れに悩まされた事は

ありませんか?

こんなときは頭皮だけではなく体中が

敏感になっている状態ですので抵抗力がよわくなっているときほどアレルギー反応が出やすい危険があります。

 

体調の変化というのは突然やってきます。事前に美容院の予約をキャンセルしたら申し訳ない。

と思ってしまいがちですが、無理してカラーをしてしまえば、かあぶれてしまう危険もあります。

 

・体調が悪い時ほど無理をしないことをお勧めします。

 

ヘアカラーをしてはいけない危険日まとめ

 

ヘアカラーがきっかけで皮膚炎を起こしてしまった場合

一度症状が現れれば薬剤を使うたびに重症に化する。

カラー前にシャンプーをすると頭皮状態が敏感になり白髪染め

敏感肌の方はカラー前のシャンプーは避けましょう。

生理中や妊娠中はホルモンバランスが崩れかぶれやすいので注意しましょう。

体の体調が悪い時はアレルギー反応がでやすいので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
飯塚史也

飯塚史也

LOANAスタイリストの飯塚史也です。 髪のヘアケアを学び、髪に負担を掛けない施術をして、高い再現性できれいな髪を作ります。癖毛でお悩みの方、髪のダメージでお悩みの方、髪の毛の土台であるヘアケアにこだわり処理剤を使用したベースになるトリートメントを組み合わせた縮毛矯正と艶髪カラーが得意です。

関連記事