Columnコラム

LOANA Column

疑問にお答え!白髪染めとおしゃれ染め

スタイリスト  岡野耕也です

 

 

今回の内容は

ファッションカラー(お洒落染め)

グレイカラー(白髪染め)

 

 

の違いについて書いていきます

 

まず最初に!

この2つ大きな違いはほとんどありません

 

 

あるとすれば違うところは色味の濃さがグレイカラーの方が多いってことです

 

 

大きな違いはこれだけ?

って思う方も多いと思いますが

 

この違いがカラーをする上でとても大切になってくるんです

 

 

それはなぜか?

 

グレイカラーはあまり明るくできない

 

すでにやっている方はわかると思いますが

 

グレイカラーは明るい髪色にするのは難しくなってきます

 

白髪にしっかり染まるように色が濃く作られている為、仕上がりが暗くなりやすいです

 

逆をいったら

ファッションカラーは明るくすることができるけど

グレイカラーよりも色味が薄いので白髪がしっかり染まらないことがある

 

 

薄く染まったり、はじめは染まったと思っても時間の経過とともに

色が抜けてきて白髪が目立ってくることもあったりします

 

 

次にファッションカラー(おしゃれ染め)はというと

 

色々な色を楽しめる

 

ファッションカラーは何と言っても

アッシュやグレージュ、ピンクやマット  などなど

 

こういった色味がわかりやすいものが特徴です

 

 

どちらのカラー剤も

髪を脱色してから染色していくので

 

使う薬剤の明るさによりますがダメージ度合いは大差ないです

 

ただグレイカラーよりもファッションカラーの方が

髪を明るくする パワーが強い種類のものがあるので

 

そういったものを使用した場合は髪への負担が大きくなります

 

 

 

グレイカラーは傷まないみたいな話をたまに聞きますが

このことからそう言われているんだと思います。

 

 

 

どちらのカラー剤にせよ髪への負担は少なからずかかっているので

間違えてないでくださいね!

 

 

白髪は染めたいけど明るいのも楽しみたいんだけど、、

 

 

はい!解決方法はいくつかあります

 

 

王道な解決方法は

根元の白髪のところはグレイカラーでしっかり白髪を染めて

 

それ以外の部分(毛先)はファッションカラー

で明るくおしゃれに

 

 

というパターンが1番多いかなと思います

 

 

 

 

他にも

ノンアルカリカラー微アルカリカラーといった

 

髪になるべく負担をかけないようなカラー剤もあるので

そういったものを使って労わりながら

お洒落を楽しむのもありなのかなと思います

 

 

 

参考にしてみてください

 

 

 

スタイリスト  岡野耕也

 

 

お問い合わせや予約はLINEからお気軽にどうぞ

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタもやっているので見てみてください

 

インスタ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
岡野耕也

岡野耕也

LOANAスタイリスト お客様、一人ひとりに合った施術でより綺麗な扱いやすいヘアスタイルをご提案します

関連記事