Columnコラム

LOANA Column

  • HOME
  • ブログ
  • カラー剤アルカリカラーとノンアルカリカラーって何が違うの??

カラー剤アルカリカラーとノンアルカリカラーって何が違うの??

こんにちは!

 

ヘアケアリスト 岡野耕也です!

 

 

今回はカラーについて!!

 

 

 

 

LOANAって取り扱っているカラー剤が結構豊富なんです!

 

 

 

今回はアルカリカラー ノンアルカリカラー について紹介していきます

 

 

 

アルカリカラーはよくある一般的なカラー剤でして

その2つの違うところの説明

また、

ノンアルカリのカラー剤どんなものなのかというのと

どんなカラーリングの時に適しているのかというところをわかりやすく説明していけたらなと思います!!

 

 

 

まずノンアルカリのカラー剤っていったいなに? 

 

 

ノンアルカリのカラー剤はまだまだなじみが薄いので

 

知らない人の方が多いと思います

 

 

 

早速、アルカリカラーノンアルカリカラーの違うところですが

 

 

 

 

まずアルカリがはいっているカラー剤というのはアルカリ剤酸化剤染料などが入っています

 

簡単にカラーの仕組みを説明すると

 

 

 

 

アルカリ剤で髪の表面のキューティクルの壁を開く

薬剤が髪の中に入り込む

メラニン色素を脱色(明るくなる)

染料が発色する

 

 

 

 

というすごく簡単に書きましたが

 

カラーというのはこんな流れになっています

 

 

 

このような流れのアルカリカラーのメリットは

  • 明るくできる
  • 綺麗な色(透明感)が出しやすい
  • 色のムラなどを消してくれる

 

 

などがあります

 

 

 

 

デメリットとしては

  • 髪の痛み
  • 色が抜けた時に明るくなりやすい
  • しみやすい(刺激がある)

 

 

などあります

 

 

 

アルカリカラーはこんな感じです

なんとなくは分かったでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

次にノンアルカリカラーの説明です

 

アルカリが入っていないカラー剤なので

 

 

どんな方におすすめかというと

  • 暗くしたい(明るくしたくない)
  • はっきりした色味でなくてもよい
  • 染める前の髪がムラになっていない

 

という方にオススメです

 

 

 

 

ノンアルカリカラーのデメリットとしては

  • 明るくできない
  • アルカリカラーの方が色味が綺麗に見えやすい
  • ムラがあった場合、消しずらい

etc…

 

 

主にこんな感じです

 

 

 

 

 

上にも書きましたが

メラニンの脱色がないので明るくすることはできないというところだけ注意してください

 

 

 

ノンアルカリカラー

 

今の髪色よりも暗くしたいと思っていて髪のダメージが気になる方にはオススメなカラーなのかなと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明るくしたい方

綺麗な透明感がある色にしたい方や

色ムラがある方

 

 

アルカリカラーをオススメします

 

 

 

 

 

 

 

LOANAではアルカリカラーも多く取り扱っていますので

 

 

LOANAスタッフはお客様の希望のカラーや質感を出せるよう

 

 

 

 

しっかりカウンセリングをさせていてやらせていただきます

 

 

どんな些細なことでもお気軽にご相談くださいね

 

 

 

アルカリカラーとノンアルカリカラーの説明でした

 

 

 

 

ヘアケアリスト 岡野耕也

 

The following two tabs change content below.
岡野耕也

岡野耕也

LOANA ROPPONGI スタイリスト
お客様、一人ひとりに合った施術でより綺麗な扱いやすいヘアスタイルをご提案します

関連記事