Columnコラム

LOANA Column

  • HOME
  • ブログ
  • ピクサムカラーでバイオレット+ピンクの組み合わせで作る暖色カラー

ピクサムカラーでバイオレット+ピンクの組み合わせで作る暖色カラー

こんにちは!

飯塚です。

艶の出るカラーの色として、

1番髪の毛が綺麗に見えるのは暖色カラーになるんですが。

 

 

今回のモデルさんに艶メインではあるものの巻き髪も楽しめるようなスタイルにしてみました。

 

 

こちらの写真は、

僕がよくやっているベリーピンクのようなビビットに出す色ではありません。

 

一般的にも使用できるような、配合にさせていただいてます!

 

今回は透明感かつ暖色の鮮やかさはやはり

ピクサムカラー が最適ですね。

 

ピクサムカラーって何?

 

 

ピクサムカラーはまだまだ一般的に広まっていないので、知らない方も多いかと思います!

 

 

 

 

LOANAにさらに新しく取り入れさせていただいた商材になるのですが、

 

僕が思うピクサムカラーは特にスーパーナチュラル、透明感、クリア感に優れているので、色の出方もものすごく柔らかい。

 

時代性にあった発色をするんです。

今回は暖色カラーですが、寒色カラーも透明感があり綺麗です!

 

発色は、綺麗に出せるってことも分かったとおもいますが、

では髪の毛痛むんじゃないの?

っていう発想になるのが普通だとは思います!

 

当然、明るくすればするほどダメージをしてしまうんですが、

他社のカラー剤で一般的な7〜9トーン

(暗めのブラウからやや明るめのブラウン)

くらいの明るさで考えた時に差がでると思います。

 

その差って何なのかというと、ピクサムはカラーは

染料+エルデュウ(アミノ酸系高機能エモリエント油剤が含まれていて、ケアしながら染めていける。

 

簡単にいうと、

カプセル状になっていて、その中に染料やら補修成分やらがふんだんに含まれているので、

髪のダメージを最小限におさられています。

 

これはトリートメントではなく、カラー剤自体に含まれてしまっているのがポイントになります。

 

一昔前に比べたら、薬剤自体も優しくなってきているんです。

 

そんな中にオリジナルしたオーダーメイドトリートメントを組み合わせると最強な艶カラーで艶髪がつ切り出せるんです!

 

是非ご参考にして頂けたらと思います!

 

 

 

The following two tabs change content below.
飯塚史也

飯塚史也

LOANAスタイリストの飯塚史也です。 髪のヘアケアを学び、髪に負担を掛けない施術をして、高い再現性できれいな髪を作ります。癖毛でお悩みの方、髪のダメージでお悩みの方、髪の毛の土台であるヘアケアにこだわり処理剤を使用したベースになるトリートメントを組み合わせた縮毛矯正と艶髪カラーが得意です。

関連記事