Columnコラム

LOANA Column

12トーン明るめの髪に縮毛矯正

こんにちは!

飯塚です。

 

今回はミディアムヘアで

髪色が明るめなお客様に縮毛矯正をさせていただきました。

 

ブリーチはしていないけど、

カラーリングの繰り返しで明るくなってしまった髪の毛はダメージ負担がかかりやすいため

薬剤設定をかなり弱めた施術をしてあげないと、

縮毛矯正をしたのに艶がでなく、

パサついてしまったり、ひどい場合は

チリチリになってしまう事もあるんです。

 

ハイトーンになればなるほど、ダメージが進行した髪の毛と考えていただくとよいです。

 

お客様の中には1度明るくして、

その後に暗くすればダメージが戻ると思われている方もいらっしゃいますが、

ダメージレベルは明るくした時に変わらず、

そのままか、

暗いお色で染めたとしても履歴が重なっていると、さらに痛んでいるケースになります。

 

なので、

第1に縮毛矯正をされる方は明るめのカラーはなるべくひかえる事をおすすめします、、

 

before

 

after

 

afterで色が更に明るくなっていると思いますが、

こちらは縮毛矯正で色が抜けてしまっています。

数日後カラーリングでトーンダウンさせて頂きましたが、

もともとは履歴はここまで明るくなっているという事になります。

最初にいらっしゃった状態はまだカラーが入っていたのでそうは見えませんでしたが、

色が抜けきると本来はインナーが削られてしまっている状態になります!

 

 

 

負担を抑えるように縮毛矯正を掛けることは出来ますが、

 

出来れば今後の施術や負担にも繋がってしまいますので低いトーンでの縮毛矯正をお勧めします!

 

是非ご参考にして頂けたらと思います!

The following two tabs change content below.
飯塚史也

飯塚史也

LOANAスタイリストの飯塚史也です。 髪のヘアケアを学び、髪に負担を掛けない施術をして、高い再現性できれいな髪を作ります。癖毛でお悩みの方、髪のダメージでお悩みの方、髪の毛の土台であるヘアケアにこだわり処理剤を使用したベースになるトリートメントを組み合わせた縮毛矯正と艶髪カラーが得意です。

関連記事