Columnコラム

LOANA Column

髪のダメージ(傷み)の解決方法 カラー編

スタイリスト 岡野耕也です

 

今回は自分の髪の傷みを気にしている方や、これから傷みそうと心配な方に向けて

書いこうと思うのですが

 

僕はカラーに力を入れてるので

カラーの方面からお伝えしていきますね

 

カラーっていつもやってるカラー?

 

カラーっていっても

カラー剤は色々種類があって一つ一つ仕上がりだったり特徴が違うんです!

 

例えば

アルカリカラー、酸性カラーやカラートリートメント、カラーシャンプー、ヘナなど色々あるのですが

どれかは聞いた事ありますか?

 

聞いたことがあるもの、ないものあったと思いますが

そんな中で皆さんに1番使われているものの大半がアルカリカラーというものになると思います

 

ほとんどの美容室はこのアルカリカラーでカラーすることが多いと思います!

その為、色や明るさのレパートリーが多く

よく使われるので他のカラー剤よりも種類が豊富なのも特徴の1つです!

 

メリットがあればデメリットもある

 

ただこのアルカリカラーはデメリットがありまして

他のカラー剤よりも髪に負担がかかります

 

 

1回のアルカリカラーで髪がボロボロになることはないですが

カラーは毎回、回数を重ねていくメニューなので塵も積もれば山となるでダメージが徐々に蓄積していきます

 

そしてここが結構大事になってくるのですが

髪は傷んだら元の状態には戻ることはありません!!

 

ダメージしたらそのままなんです、、、

 

 

なのでいかに負担をかけずに1回1回のカラーでダメージをどう減らしていくかが大切です

 

 

少し難しいことかもしれませんが、逆を言えば

このことを注意すれば髪の状態が悪くなりにくくなります

 

 

色々なカラー剤がありますが

カラートリートメントやノンアルカリカラーは髪への負担をできるだけ軽くしてくれる特徴があります

 

いつものカラーをちょっと見直すだけで簡単にヘアケアもできて一石二鳥です

 

 

カラー剤のそれぞれのメリット、デメリットをを把握して

お客様の髪の状態と希望にあった薬剤を選ばせていてだきます!

 

 

気になった方はお気軽にお問い合わせください

 

スタイリスト  岡野耕也

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタもやっているので見てみてください

 

インスタ

 

 

 

The following two tabs change content below.
岡野耕也

岡野耕也

LOANAスタイリスト お客様、一人ひとりに合った施術でより綺麗な扱いやすいヘアスタイルをご提案します

関連記事