Columnコラム

LOANA Column

カラーの種類の紹介

ケアカラー美容師  岡野耕也です

 

 

カラーにも色々種類があって今回は

僕がケアカラーをするときに使用するノンアルカリのカラー剤を中心に

何種類か紹介しようかなと思います!

 

 

まずは

1番使われている

アルカリカラー

 

 

アルカリカラーは

 

最初にアルカリ剤というものでで髪の中にカラーの色素の通り道を作っていきます

入り込んだら薬が反応してメラニン色素を分解していきます(髪が明るくなります)

 

その後また違う成分がが発色して色が見えるようになります

 

こんな感じで髪の毛の内部で反応させて色を定着させる感じです

 

 

ヘアマニキュア

 

 

こちらは髪の内部ではなく、髪の毛の表面に色をつけていくという感じです

 

爪に塗るマニキュアと同じ感じです

表面なので色落ちはアルカリカラーより早いですが

元の髪色が明るければ鮮やかなカラーが楽しめるのと

頭皮につけずに塗るので

頭皮が敏感な方はおすすめだと思います

 

 

ノンアルカリカラー

 

 

はじめに説明したアルカリカラーの

アルカリ剤が入っていない、もしくは少なくなっているカラー剤です

 

少なくなったことによってのメリットは髪への負担が少ないので

ダメージを気にされている方には特におすすめです

色味もほぼ変わらないくらいな感じです

 

このノンアルカリカラーは色味を入れていくのみという感じになっているので

先ほどのアルカリカラーのように髪を明るくする力はありません

明るくすることが髪自体には負担になるので

 

ノンアルカリカラーはその負担がないのです

 

なので傷みが気になっている方はこんなのもあるので

考えてみてください!

 

ノンアルカリカラー➕LOANAトリートメントの組み合わせて

 

髪の毛を綺麗にしながらおしゃれにしていきませんか?

 

 

 

そんなカラーは僕にお任せください!

今より綺麗にします!

 

 

 

スタイリスト   岡野耕也

 

 

お問い合わせや予約はLINEからお気軽にどうぞ

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタもやっているので見てみてください

 

インスタ

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
岡野耕也

岡野耕也

LOANAスタイリスト お客様、一人ひとりに合った施術でより綺麗な扱いやすいヘアスタイルをご提案します

関連記事