Columnコラム

LOANA Column

縮毛矯正をかけている人は巻いたり出来ないの?

 

こんにちは!

飯塚です。

 

縮毛矯正をかけている人は

ヘアスタイルのアレンジが出来なんですか?

というご質問を過去に頂いた事がありまして

その事について話していきたいと思います!

 

結論から申し上げますと、

縮毛矯正をかけている方でも巻く事は出来ます!

 

元々の癖がなくなる分、

僕の見解を言わせていただくと

ストレートのところから巻くので仕上がりは綺麗に巻けます。

 

こちらはお客様なんですが、

いつも縮毛矯正をかけていただいています。

ベースはボブの少しばかりながめで、ワンレングスベースでカットしています。

 

(ワンレングス)とはなんぞや?

上の長さと下の長さが同じで揃えてあるスタイル。

 

もちろん軽くしたりもしてますが、

全然巻いてスタイリングできてますよね^_^

 

スタイルイメージとしては

クリスマスに巻いたら可愛いウェーブ巻き

 

↓↓

 

フロントスタイル

 

クリスマスは女の子も力を入れなくちゃね!!

 

サイドスタイル

 

逆サイドスタイル

 

インスタグラムにて、今回のお客様の巻き方動画あげてますので見ていただけたら嬉しいです!

 

↓ ↓

 

 

 

 

ただ、注意点として、毎日はやめて下さい。

 

ヘアケアに優しい飯塚からしたら

縮毛矯正をかけている方は負担が少なからずありますので、ヘアケアを考えると毎日のスタイリングお勧めできません。

 

ちょっと、何かがあったりだとか、遊びに行ったりする時に巻いてみるのも良いと思います!

 

スタイリングに重要なポイントがもう一つあります。

 

それが、設定温度なんですよね。

 

ご担当させていただいているお客様には

話していますが、アイロンとドライヤーのブローとでは熱の温度が違います。

 

アイロンやコテの設定温度を低めにする事をオススメしております。

出来れば、100度から150度くらいにしておくと良いです。

 

高温に気をつけて巻いてみて下さいね^_^

 

LINEの方からでもご予約をお受けしております。

 

↓ ↓

 

友だち追加

The following two tabs change content below.
飯塚史也

飯塚史也

LOANAスタイリストの飯塚史也です。 髪のヘアケアを学び、髪に負担を掛けない施術をして、高い再現性できれいな髪を作ります。癖毛でお悩みの方、髪のダメージでお悩みの方、髪の毛の土台であるヘアケアにこだわり処理剤を使用したベースになるトリートメントを組み合わせた縮毛矯正と艶髪カラーが得意です。

関連記事