Columnコラム

LOANA Column

  • HOME
  • ブログ
  • ☆ホームケアで気を付けるポイント【復習編】part3

☆ホームケアで気を付けるポイント【復習編】part3

サラ髪師ブログ

皆さんこんにちは!

六本木 髪質改善矯正・髪質改善カラー・髪質改善トリートメントサロン

LOANAcross(ロアナクロス)店長 サラ髪師こと 砂辺健人です。

今回はまたまた引き続きの内容です。

前回までの記事はこちら

↓↓↓↓↓

☆ホームケアで気を付けるポイント【復習編】

☆ホームケアで気を付けるポイント【復習編】part2

ホームケアで注意すべき要因

・摩擦

・濡れっぱなし

・オーバードライ(過剰乾燥)

・過激なph(ペーハー)の変化

・高温でのスタイリング

前回は「過激なph(ペーハー)の変化」の途中でした。

髪の毛はphが弱酸性からアルカリ性に寄れば寄るほど

傷みの原因、脱色の原因になりやすいです。

海水などでバシバシになった髪の毛は急激に

アルカリ性に寄ったりします。

アルカリ性に寄った場合ですが

注意したほうがいい点が、

弱酸性に戻せれば

ベストですがこの項目でもありますが

過激に(急に)

弱酸性に戻すということでも

傷ませる原因につながります。

なのでアルカリ性→中性→弱酸性の順に

時間をかけて戻してあげる必要があります。

なのでまず海から上がったあと

シャワーで海水をしっかり流し、

しばらくの間シャワーの水ですすぎを行います。

水は中性の領域なので少しずつ中性にかたよります。

そのあとによく聞く「アミノ酸系シャンプー」で

優しく泡立てて髪の毛を泡で包みようにして

少し時間をおきます。

その後に流し、

トリートメントで髪の毛の

中間~毛先を整えます。

この工程である程度のケアができます。

髪の毛は数日かけてphが弱酸性に戻ります

傷んだと感じたら

サロンに行き、事情を説明後ケアすることを

オススメします!

 

「高温でのスタイリング」について

この項目は皆さんが普段から

気にしているかと思います!!

基本的にはコテやアイロンの温度は

180℃以下でいいかと思います。

それ以上は正直なところ

美容師以外の方が扱えるレベルではありません。

180℃以下でスタイリングしているから

私は大丈夫!!

なんて思っている方がいるかと思いますが

大間違いです。

けっこうやりがちなミスが

180℃以下でも

何度も同じ箇所を

通して伸ばしたり、巻いたりしていると

結局は同じ事です。

特に顔周りが傷んでいるのは

その2度巻きで起きている事が大半です。

あと、しっかり形つけようとして

じっくりコテに巻きつけっぱなしもOUTです。

 

私生活ではこれだけではなく

他にもありますが代表的なのが以上です。

気になればご連絡下さい。

The following two tabs change content below.
砂辺健人

砂辺健人

LOANAcross 店長
ハイトーンのダメージ毛に対して、パーソナルトリートメントを駆使した 髪質改善が得意。 ダメージの根源から改善し、綺麗な髪質をご提供致します。

関連記事