Columnコラム

LOANA Column

LOANAトリートメントについて書いてみました

ケアカラー 美容師 岡野耕也です

 

 

LOANAといえば ヘアケアですが

 

今回はLOANAのトリートメントについてを

施術の写真も交えながら書いていきます

 

LOANAのトリートメントは他のトリートメントとは違う仕様になっていて

こちらにも書いているのですが  →  以前の記事

 

トリートメントのイメージは??

 

ここでトリートメントのイメージなのですが

 

髪の周りにコーティングしてツヤが出たり手触りが良くなったりする

と言うイメージが強いと思います!

 

確かに今多くのサロンさんで取り入れているトリートメントは

このパターンがすごく多いと思います!

なぜかと言うと簡単に見た目や触った感じの効果が出てくれて

やる方(美容師側)も誰でも簡単にできちゃうからです!

 

 

簡単にいい感じになったと言う実感は持てるのでその点はいいですが

さっきも言った通りほぼ表面のコーティングでしかないので

コーティングは日に日に取れていきます

 

トリートメントが取れて来た。』って思うことよくありませんか?!

 

取れてきたら

またトリートメントしないと!と思うのが一般的と言うか

多いパターンかなと思います!

 

 

LOANAのトリートメントは?

さっきの説明と比較しながら読んでください!

コーティングではなく

なくなったものを擬似的に補ってもともとの髪の状態に近づける

感じです

 

どんなものかというと

髪は傷むと髪の内側から成分が抜けてしまって空洞ができるのですが

その失って空いてしまった部分に

トリートメントが穴埋めをしてくれて

擬似的に髪本来の状態のようにするな感じです

そうすることによってコーティングした感じではなく

本来のサラサラとした手触りになるのが特徴です

 

こちらのトリートメントの場合は繰り返していくごとに

内側に定着しやすくなるのでそういった面も特徴のひとつです!

 

 

メイクに例えると

厚くメイクしてずっと肌荒れを隠し続けるか

最初は隠しきれない、けど内側からケアして肌荒れを治していくか

 

顔は細胞が生きているので傷とか治ったりしますが

髪の細胞は死んでしまっているので傷が治ったりしてくれません

 

顔より扱い方を気をつけないといけないかもしれません

 

 

最後にトリートメントの写真です

 

 

 

 

仕上がりは重くなくサラサラとした感じです

 

髪はもう傷んだら回復や治ることはできません

なので擬似的に髪本来の状態に戻してあげることで色々おしゃれの幅だったり

広がっていくと思いますよ

 

 

 

 

コーティングが悪いとは思いませんが

この記事を読んで

自分の髪はどちらの方がいいのか考えてみるいい機会になったら

いいなと思います

 

最後まで読んで頂き

ありがとうございました!

 

 

スタイリスト 岡野耕也

 

お問い合わせや予約はLINEからお気軽にどうぞ

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタもやっているので見てみてください

 

インスタ

 

 

 

The following two tabs change content below.
岡野耕也

岡野耕也

LOANAスタイリスト お客様が居心地よく過ごしていただけるように心がけています 落ち着いて見えるみたいですが、おしゃべり好きなので、 気軽にお声かけてくださいね!

関連記事