Columnコラム

LOANA Column

よく聞く処理剤って?それとトリートメントの事

こんにちは

 

ヘアケアリスト  岡野耕也です

 

 

 

 

前回の記事の後半の方に

 

 

 

処理剤について少し書いたのですが

 

処理剤ってなに?って方が多いと思うので

 

今回ははじめにそのことについて軽く書いていきます!

前の記事

 

 

まず、処理剤とは?

 

 

簡単に説明すると

処理剤って薬剤を使う施術(カラー、パーマ)の

施術前や施術中や施術後 に髪につけたりするものです!

 

カラーやパーマのクオリティをあげてくれたり

ダメージを軽減してくれたり、色々なものがあります!

 

 

ざっくりですが、処理剤ってこんな感じです!

 

 

 

ここからトリートメントについてになってくるのですが

 

実は

 LOANAのトリートメントは上で書いたような処理剤ベースで作られているトリートメントなのです!

 

 

 LOANAでカラーなどのメニューと組み合わせてやっていただくのをおすすめしているのはこの為です!

 

 

 

現に組み合わせてやるお客様が多いです。

 

 

カラーやパーマの髪へ対する負担(ダメージ)を軽減してくれるので

ダメージした髪の表面をコーティングして綺麗になったように見せるのではなく

 

 

髪に負担がかからないように、

ダメージしないように処理をしていったり

ダメージしてしまった毛には髪内部の穴埋めをしていき

髪本来の自然なさらさら感、艶感を目的としています!

 

 

 

 

先日きたお客様がこう言ってました。

「明るい髪で夏に海とかに言ってすごい傷んじゃったから

他のサロンで高価なトリートメントしたのに3日でとれた。。」

 

 

 

髪の表面に強固な膜を張っていくものですと

そのコーティングが取れてしまうと

トリートメントする前の元の状態にすぐ戻ってしまいます

 

 

それで3日でとれたと感じだのではないかなと思います。

 

 

 

先ほども話したように LOANAのトリートメントは

処理剤ベースで作られてます!

 

 

傷んだ髪を膜を張って傷んでない(回復した)ようにみせるのではなく

 

 

そもそも髪が傷まないように施術と組み合わせてやっていく、

または髪の内部に作用してくれるものを入れながらやっていくので

○○日でとれた!

という考えではありません。

 

 

内部に入れ込んだものは

日常生活では徐々には抜けていくのですが、シャンプーをしたらポロッと取れることはありません。

 

 

繰り返しやっていくと内部により定着してくれるようになるので、

今までのトリートメントの考え方とは違う感じになってるのかなと思います^ ^

 

 

 

すこし難しかったでしょうか?

他にもトリートメントの記事があるので

みてみてください!

 

オーダーメイドトリートメントについて

 

トリートメントをした後

 

カラーとトリートメントの記事

 

 

これからもトリートメント関連の記事をたくさん書いていきますのでみてくださいね^ ^

 

わからない事や質問などはLINEからメッセージください!

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

インスタもやっているので見てみてください

 

インスタ

 

 

 

 

 

 

 

ヘアケアリスト  岡野耕也

 

 

The following two tabs change content below.
岡野耕也

岡野耕也

LOANAスタイリスト お客様、一人ひとりに合った施術でより綺麗な扱いやすいヘアスタイルをご提案します

関連記事