Columnコラム

LOANA Column

自宅でできるヘアケアの基本は〇〇!2

今回はシャンプー後のインバストリートメントの付け方を

紹介します!

まずは、、

 

 

髪質に合ったトリートメントを選ぶ事が大前提です!

 

そのつぎに、つけ方にこだわっていきましょう!

 

 

トリートメントは髪質に合わないものを選んだからといって傷むことはないですが、

 

良いトリートメントの力を最大限に引き出してあげるには、付け方もとても大切です!

 

付け方間違えると良いものも「あんまりかわんなくない?」

となりかねないので、、

 

それでは、トリートメントの正しい付け方を紹介します。

 

 

・シャンプー後、できるだけしっかり水気をとる。

 

水分が残ってるとトリートメントが薄くなってしまい、

髪に浸透しづらくなってしまいます。

逆にカラカラに乾いてると伸びが悪くてムラができてしまいますので、

タオルで水気をとるくらいでokです。

 

・トリートメントを適量手にとったら、毛先から根本に向かってなじませていく

 

髪の毛は毛先にダメージが強くでて、

根本がダメージが少ないのが基本なので、

毛先にたっぷりつける為に毛先から根本になじませます。

ものによっては根本に、つけるとベタつくものもあるので気をつけましょう。

 

 

・目の荒いクシでとかして、全体に均一になじませる。

 

目の細かいクシでとかすとつけたトリートメントを削ぎ取ってしまうので、粗めのクシでとかします。

使用するくしも摩擦の少ないものを選べるとさらに良いです

 

 

・トリートメントを髪に押し込むように、優しく握り込む。

 

優しく握りこむのがポイントです。

強く握ると逆にトリートメント成分が出て行ってしまいます。

 

 

・放置が必要であれば規定の時間通りに放置。

 

トリートメントによっては髪に定着するために放置時間が必要なものもあります。

放置を怠ると、トリートメントのパフォーマンスをフルに発揮できないです。

 

 

・インバストリートメントはしっかり流す

 

余分なトリートメントが残ってると、

ベタ付きや、乾きずらさにつながります。

Loanaで目指す質感はサラ髪です。

質感はアウトバストリートメントで作りましょう。

 

これでお風呂の中でのことは終わりましたね。

 

次はアウトバスの付け方とドライの仕方について紹介します。!

 

ありがとうございました!

関連記事