Columnコラム

LOANA Column

縮毛矯正した後にアイロンは使っていいの?

こんばんは!

LOANAスタイリストの飯塚です。

湿気がとても気になる梅雨ももうすぐおわりでしょうか?

 

リタッチ矯正(根元矯正)とアイロンでデザインの幅を広げました。

 

image

 

まだまだ、クセやボリュームを抑えるために縮毛矯正のオーダーが 一番増えるこの季節。

 

 

まっすぐサラサラに伸びればセットも簡単です。

しかし、毎日ストレートも飽きちゃいますよね。

 

 

『根元は矯正で抑えて毛先は巻きたい』

そう思っている人も多いはず。 しかし、髪の毛のダメージも気になってくると思います。

 

ではこんな、疑問を感じた事はありませんか?

縮毛矯正した後にヘアアイロンを使っても大丈夫?

 

 

矯正をかけてからコテを使うタイミングは いつなのかを徹底分析してみましょう!

 

矯正後のヘアアイロンの使用は影響ある!?

 

コテ 種類 選び方

 

一番心配なのは、せっかく時間もお金もかけ、 まっすぐに伸ばした髪を、コテを使って巻いたら 矯正が取れてしまうんじゃないか!?

と、思っている人もいるかと思います。

 

 

縮毛矯正の施術は、元々ある頑固なクセをもしっかり伸ばすよう 強い薬剤とアイロンを使ってじっくりとストレートにしていくため コテを使用したことによってウネりが戻ることはありません。

 

 

矯正をかけた後に髪の毛を洗っても、しっかりとクセが 伸びたままでいるように、縮毛矯正の効果はずっと半永久的に持続します。

 

綺麗に伸ばした髪の毛にカールアイロンを使っても 矯正がとれることはありませんが、ダメージには要注意!

 

施術によって負担のかかった髪の毛はとてもデリケートな状態です。 コテの使用方法やタイミングを誤れば 一気に髪が傷んでしまうこともあります。

 

 

矯正直後が一番危険

矯正 直後 危険

 

 

 

矯正をかけてもヘアアイロンを使うことは問題ないものの、 施術直後のコテの使用は髪に悪影響を及ぼします。

 

 

美容院で丁寧にクセを伸ばしてもらった後、 『今日は髪の毛を洗わないでくださいね!』 と言われた経験があるかと思いますが、 施術直後の髪はとても不安定です。

シャワーで髪を濡らすことも、シャンプー剤をつけることも 避けた方がいいデリケートな状態。

また、縮毛矯正は毛髪に負担がかかりキューティクルが 剥がれやすくなっているため、 そんな状態の時にヘアアイロンを使って髪を巻けば ダメージがますます進み、一気に髪が傷んでしまいます。

せっかくサラサラに伸びた髪の毛も、ダメージによって バサバサになってしまえば矯正の効果も半減。

 

髪のツヤもなくなり、手触りもゴワゴワ。 切れ毛や枝毛が増える原因にもなりますので 矯正直後はなるべく髪に負担をかけないよう心がけてくださいね^ ^

 

いつから髪を巻いてもいいの?

矯正 巻き髪 時期

巻き髪が好きな人もいると思いますが、 縮毛矯正をかけてから髪の毛が安定するまでには 約1週間から10日ほどかかると言われています。

 

その間に髪を巻いてしまうと、髪質によってはダメージの増大や せっかくかけた矯正のリバウンドなどがおこりやすくなります。

 

 

過度な負担をかけたあとは必ず休ませる期間が必要なんですね!

 

時間を空けてから髪を巻く分には問題ありません。 ただし、ヘアアイロンの熱も髪のダメージに 関係してくることをお忘れなく!!

 

 

矯正が取れてしまうことはないですが、ダメージはどんどん 積み重なっていきますのでコテの使用頻度には気をつけたいところ。

 

 

image

 

 

 

 

毎日髪を巻くのではなく、お出かけの時やデートの時。 大事な日だけ髪を巻いて普段は髪を休めることも大切です^ ^

 

 

また、日頃から髪を巻くことを前提にしている場合は 矯正を弱くかけてもらうようオーダーしてみてください。

 

 

クセが若干残ることもありますが、髪のまとまりは改善され毛先も巻きやすくなります。 しっかりとストレートに伸ばさずに優しい薬を使って 矯正をかければ、その後髪を巻いても負担が少なくすみます。

 

 

縮毛矯正をかけてから髪を巻いたとき、

【カールがつきにくい】

【カールが取れやすい】

という現象がおこります。

 

 

これは矯正毛特有の状態で、しっかり伸ばした髪を改めて巻いた時に ストレートに戻ろうとする反発が生じます。

 

そうすると、カールが1日持たずにとれてしまったりするため 何度も巻き直したり、コテの温度設定を高くしてしまいがちです。

 

 

ヘアアイロンでカールをしっかりつけようとするのではなく 巻き髪用のヘアトリートメントやカールローション等で 髪の毛に下処理してから巻くことによってカールがつきやすくなります。

 

 

また、1日中ウェーブを持たせたい場合は仕上げに ハードスプレーを吹きかけるなどすれば 持続力が増して、朝作ったヘアスタイルも夕方まで 綺麗にキープされますよ(^^)

 

矯正をかけた直後はヘアアイロンを使用せずにストレートを楽しんで、 時間があいた頃に巻き髪を楽しむようにすれば、 色々なヘアスタイルを楽しめますね!

 

 

ただし、ヘアアイロンを使用する際は毎日のトリートメントを忘れてはいけません。

いつまでも綺麗な髪を維持できるようヘアケアを心がけてくださいね!

 

縮毛矯正は飯塚にお任せ下さい!!

 

image

 

 

The following two tabs change content below.
飯塚史也

飯塚史也

LOANA ROPPONGI スタイリスト
LOANAスタイリストの飯塚史也です。 髪のヘアケアを学び、髪に負担を掛けない施術をして、高い再現性できれいな髪を作ります。癖毛でお悩みの方、髪のダメージでお悩みの方、髪の毛の土台であるヘアケアにこだわり処理剤を使用したベースになるトリートメントを組み合わせた縮毛矯正と艶髪カラーが得意です。

関連記事

  • 関連記事はございません。