Columnコラム

LOANA Column

  • HOME
  • ブログ
  • 市販のカラー剤と美容室のカラー剤はどうちがうの?

市販のカラー剤と美容室のカラー剤はどうちがうの?

こんにちは😊

LOANA stylistの飯塚です。

 

お客様からのよくある質問Q&Aです‼️

 

市販のカラー剤と美容室のカラー剤はどうちがうのか?

入っている成分自体がちがうのでしょうか?

 

 

市販のカラー剤は、かなり強めの薬剤です😓

 市販のカラー剤でも美容院のカラー剤でも、成分のバランス的には、そこまで大きな違いはありません。

しかし、薬剤の強さには違いがあります。

 おしゃれ染め(一般的なカラー)でも、白髪染めでも、市販されているカラー剤というのは、その商品設計上、どうしても万人受けする(より多くの人の髪をしっかり染める)ことが優先されます。

 

そのため、使用者の髪質や髪の状態に左右されずにしっかりと染めることを目的とするため、かなり強めの薬剤が使用されています。

 実際、市販のカラー剤を販売するメーカーさんに寄せられる一番多いクレームは

 

「染まらなかった」 
「明るくならなかった」

 という意見が多いそうです>_<

 

この辺りの事情もあって、どうしても市販のカラー剤というのは強めの薬剤設定がされています。

 当然ですが、お客様に合わせて薬剤を選定する美容院でのカラーよりも、

・市販のカラー剤は髪のダメージがかなり大きい

・もともと染まりやすい髪質の場合は、イメージより明るくなり過ぎてしまう。

などといったリスクがあります⚡️

 

これが、市販のカラー剤と美容院のカラー剤の違いです😖

「何で染めるのか?」より「誰が染めるのか?」

 お客様はカラー剤を基準に、美容院でのサロンカラーにするか?

あるいは市販のカラー剤でのホームカラーにするか?

を検討中だと思います。もちろん、「何で染めるか?」も重要ですが、それ以上に「誰が染めるか?」が重要であることも、関係してきます。

市販されているどんなカラー剤を使おうが、経験値が高く、技術力(スキル)のある美容師は、お客様の髪を綺麗に染めることができる👌🏻✨

 

しかし、髪質により、同じ薬を使っても色の出方がちがったりします。そうなると、
仮に、同じ薬剤を使って10トーン(明るめ)のアッシュ系に染めても、私の髪とお客様の髪は全く違う染まり方をしてしまうんです😥

 このように髪質によって染まりやすい、染まりづらい、といった条件がある中で、美容師は様々な薬剤を配合し、バランスを調整し、お客様の髪質を見ながら薬剤を作ります。

お客様の目指す色味、目指した明るさに可能な限り近づけることが可能です。

ホームカラーでは薬剤の配合や、過去の髪質の履歴に合ったカラーというのはなかなか難しい、というか出来ませんよね😓?

と言った点が大きな違いになります。

 

image

 

是非、ご参考にしてみて下さいね😊‼️

 

よりカラーリングダメージをさせず、綺麗な髪を提供出来たら嬉しいです😀✨

 

六本木LOANAでは11時〜翌朝5時まで深夜営業を致しております。

なお、深夜0時以降はお電話のみご予約を受け付けております‼️

こちらにお電話してみてね😊👌

電話番号:03-6447-1777

 

飯塚に相談してみたい方はLINE@へ

どしどしご応募お待ちしております👌🏻

                         ↓      ↓

友だち追加

The following two tabs change content below.
飯塚史也

飯塚史也

LOANAスタイリストの飯塚史也です。 髪のヘアケアを学び、髪に負担を掛けない施術をして、高い再現性できれいな髪を作ります。癖毛でお悩みの方、髪のダメージでお悩みの方、髪の毛の土台であるヘアケアにこだわり処理剤を使用したベースになるトリートメントを組み合わせた縮毛矯正と艶髪カラーが得意です。

関連記事